平田 紀子

大阪府出身。

箏・三絃・十七絃・二十絃演奏家。

1994年 宮城会全国箏曲コンクール児童部1位入賞。

1997年 JML日独青少年文化交流・ドイツ公演、日本公演に参加。

2004年 東京芸術大学音楽学部邦楽科生田流箏曲専攻卒業。
在学中、宮城賞受賞。卒業に際し、アカンサス賞・同声会賞を受賞し、同声会新人演奏会に出演。
卒業後、同大学大学院修士課程に2年間在学した後中退。

生田流箏曲「宮城会」教師免状取得。

2007年 第4回東京邦楽コンクールで洗足学園賞(2位相当)受賞。
2008年 宮城道雄記念コンクールで1位受賞。
2008年 第15回賢順記念全国箏曲祭コンクールで銀賞及び福岡県知事賞受賞。

近日の活動では、CD『端唄  根岸悦子㈸』『深海さとみ 二曲一双』に参加。

NHK FM『邦楽のひととき』に出演。

ストリートパフォーマンスや美術作品とのコラボレーションを行う。

2006年 邦楽グループ「折り鶴」や、箏と声楽のユニット「彩羽 いろは」を立ち上げ、自主コンサートを行う。
「折り鶴」では旗揚げ公演として2006年北とぴあ国際音楽祭参加公演で好評を博し、その後も毎年自主公演を開催。
「彩羽 いろは」では、大阪公演・東京公演を定期的に行い、反響も大きい。

「和楽団 煌」の立ち上げに参加し、アンサンブル勉強会・自主公演を行う他、各種イベント、コンサート、学校公演を積極的に行う。

2007年6月・11月には、ドイツ・スロベニア・スイス・イタリア各地での日本文化会館等の公演に参加し、好評を得る。

尺八演奏家・田嶋直士氏の呼びかけにより、2007年より開始した若手演奏家による「古典を研鑽する会」に参加、現在第6回目を数える。

2008年 日本三曲協会主催「三曲奨励会」に独奏で出演。

古典、現代邦楽にとどまらず、現代音楽の演奏や新作初演にも力を入れている他、出演多数。

深海さとみに師事。

「宮城会」「深海邦楽会」「日本三曲協会」「同声会」「森の会」「折り鶴」「彩羽 いろは」「和楽団 煌(こう)」「鳳雛(ほうすう)」「あいおいの会(和楽器オーケストラあいおい)」に所属。

現在、東京・大阪を中心に各地で演奏、教授活動を行う。

ホームページ 平田紀子は箏弾き

Share on Facebook