衣袋 聖志

東京都出身。

高校在学中、文化庁の派遣で中国の学生との文化交流の為に30名のチームで訪中をする。

ストリートライブや結婚式、イベントへの参加や、学校公演(東京、長野、愛媛、、、など)、介護施設での演奏、自主企画の演奏会、ライブを開くなど積極的に演奏活動を重ねる。

他には、ラジオNHK愛媛や、FM西東京にもゲスト出演。

2004年 現代邦楽研究所主催のコンクールにて本選に出場。

2005年 韓国にて開かれたYoPeFe 2005にグループ金風として参加。

2006年 ベトナムで行われたJapan Festival 2006に珠音として参加。

Gose onという邦楽ユニットを結成、愛媛県を中心に演奏活動を展開。愛媛の小学校を学校公演で多数巡り、好評を得る。

武士(むさ)という太鼓、三味線、筝のグループを結成し、ライブ活動を展開。

2007年 武士にてイラン、カタール、バーレーン、オマーン、クウェートの5カ国をツアーで回る。

現在は、和音(箏3人ユニット)、goez’on(尺八、箏、三味線)、風蕾(フルート、箏2人)、煌(和楽器合奏団)、さらにはピアノ、ベース等とジャズやブルースを演奏したりと多岐にわたる活動を展開している。バイオリンやチェロなどの洋楽器とも活動を共にし、様々なジャンルの音楽で演奏活動を展開する。

二十絃筝を中心に現代曲の演奏や、他の楽器等とのコラボレーションによる企画で音楽を通して何を伝えられるか、を課題として可能性の拡大を図る。

Share on Facebook