団員募集

和楽団煌では、随時団員募集をしています。

入団について

【 募集人員 】
和楽器奏者 (ジャンルや流派は問わない)
作曲・編曲家
指揮者
マネジメント

【 試演会 】
和楽団煌では3,4ヶ月に一度、試演会を「本番」として数曲を演奏しています。
対外的なコンサートや外部からの依頼による仕事以外にも、内省的な本番を設けて、継続的に練習をして曲を仕上げていくことで、常にアンサンブル能力を高めレパートリーを増やしていくためです。

【 副団員制 】
和楽団煌に入団するのには必要な条件は、「プロの演奏家である、もしくは演奏家を目指して活動している」ということのみで、特定の資格などは必要ありません。
様々な状況・環境の演奏家が集まっているため、正式な入団に際してはお互いを知るために「副団員制」というシステムをとっています。
入団を希望している方や興味をお持ちの方には、「副団員」として一定期間参加していただき、演奏を共にすることで団の能力、活動内容、方向性、雰囲気などを確認していただきます。
また、正団員側からも副団員の能力や人間性・音楽性を知る期間として位置づけています。
副団員としての期間が終了後、副団員と団とでお互いに意思確認を行い、正団員として入団するか決定することとなります。

【 副団員の期間 】
試演会(またはそれに相当する演奏活動)に3回、副団員として参加していただきます。
試演会は3,4ヵ月に1回行われていますので、約1年間は副団員となります。

【 副団員の参加曲 】
試演会では、現代邦楽合奏曲に何度か参加していただきます。
大編成の曲から、二重奏など小編成の曲まで、あらゆる編成のものに参加していただきます。
その中で、基本的なアンサンブル能力を確認し、また多くの団員と関わってもらうという意味でこの方法をとっています。

【 意思確認方法 】
試演会(またはそれに相当する演奏活動)に3回、副団員として参加していただいた後、お互いに意思確認を行います。
ただ、副団員が試演会3回までに入団の意思がなくなった場合、1回目、2回目の試演会後に退団していただくことも可能です。
3回目の試演会本番後、副団員の方には入団の意思があるかを確認させていただきます。
入団の意思があるということであれば、正団員のみで評議し、投票にて団としての意思決定を行います。 団としての判断基準は「今後、仕事・演奏を一緒にしていけるか」ということです。
正団員の7割以上の賛成票で、正団員として入団していただきます。

詳しくは、メールフォームまでお問い合わせください。

Share on Facebook